対戦型ラジコンヘリを購入しました


私は、ラジコンヘリは何十万円もする高いものだと、ずっと思っていたので、とあるホビーショップで、室内用ながらも、数千円で売っていた時は本当に驚きました。私はそれをすぐに購入し、比較的広いスペースを確保できる実家で、操縦の練習をしました。

しかし一人で練習するのも飽きてきた頃に、友達にそのヘリラジをやらせて、ハマらせた後に、自分はまた別のものを購入しました。それが対戦型ヘリラジコンでした。2体セットで、プロポに射撃ボタンがついています。射撃ボタンを押すと、赤外線が放たれ、相手のヘリラジの一部に計3回当たると、相手のラジコンが制御不能となります。

まさに男の子の夢を具現化したようなそんなキットを見つけた時も、私は即買いして、友達と一緒に何時間もはまりつづけました。もうかれこれ数年前の話なので、今の技術で、この対戦キットが出ないかと、心待ちにしています。

そのうち室外用のヘリラジも購入したいと思っていますが、せめて一万円を切ってくれないことには、私には購入できません。

昔からのメカニックマニア。


空撮用マルチコプターなどラジコンヘリ空撮の撮影機材の紹介
色んなメカニックが好きで昔から色々と作っては遊んでます。
今になってもその趣味は辞められず私のストレス発散と原動力になっています。

今の世の中は色んなツールがあって便利になり、同じ趣味を持つ女性と出会い、結婚して子供2人と暮らしています。

生活していての楽しみはやっぱり家族で出かけヘリやカーで遊んでる時間です。
その中でも空撮にはみんな興味があってみんなで撮ってはその思い出をアルバムにしています。

そんな家族でも性格があり私はヘリが主で息子は車、妻は両方、娘は写真。
そんなことからヘリや車には撮影ができるようにしてあり、思い出づくりが好きな妻や写真が好きな娘にも楽しんでもらえるようにしてあります。

家族のその楽しみでは息子は車で私は妻と交代で娘を色んな角度から撮影したり、それにまぎれた家族を撮っては癒されています。

今でも趣味に対しての熱は変わらないものの、家族がいることでその趣味の志向が色々変化しつつあったりするなってことを時々感じています。